目次ページ(最新の記事はこの記事の次に有ります。)

修理ページ
各種修理の備忘録です。

整備メモ
所有する(した)乗り物の整備の記録です。

ベリカード(AM局) ベリカード(ワイドFM局) ベリカード(FM局)
ベリカード(短波局) ベリカード(コミュニティ局) 
ベリカード(船舶気象通報) ベリカード(その他)
BCL・遠距離受信の記録、ベリカードなどの紹介です。

その他
その他色々の気になったことや記録です。
スポンサーサイト



KENWOOD TS-430V 改造ポイント

1.BC帯のアッテネーター解除

20-02-15-06.jpg

底面の基板の「R6」「R7」「R8」を取り外して「R7」をジャンパします。

20-02-15-07.jpg

取り外した抵抗です。


2.AM送信禁止の解除

20-02-15-08.jpg

一番上の基板の「D56」をカットします。
AMの送信が許可されるだけで、キャリアと変調の調整が必要になるようです。
私は必要性を感じなかったのでカットしませんでした。


3.ディスプレイの10Hz桁表示

20-02-15-09.jpg

これは取扱説明書にも記載されています。上から二枚目の基板について行います。
丸内のジャンパをカットすればディスプレイに10Hz単位で表示が行われるようになります。
私の所有する機体は既にカット済みでした。

KENWOOD TS-430V リレー清掃

20-02-15-01.jpg

ケンウッドのHFトランシーバーTS-430Vです。
たまたま安く手に入ったのでメンテナンスを行います。

この機種はバンド毎に使われているリレーが接触不良になり
感度低下を起こすらしいので、その部分の清掃を行います。

20-02-15-02.jpg

上下のカバーを取り外した後にリアカバーを取り外します。
リアカバーはネジ6個で止まっているだけなので簡単に引き出せます。

20-02-15-03.jpg

問題のリレーが見えました。
富士通のFBR211A D012-Mというリレーが14個使われています。

20-02-15-04.jpg

この基板までのアクセスは容易な方だと思います。
基板を取り外すのも簡単でした。

20-02-15-05.jpg

カッターナイフの刃でリレーのカバーをこじ開けて、
アルコールを含ませたコピー用紙を使って清掃を行いました。
(この写真は底面に有る基板の同型リレーです。)

接点には黒い汚れが付着していました。
思い切って同形状の密閉型リレーに交換した方が良いかもしれません。

西武安比奈線を辿る

かつて、西武鉄道の南大塚駅から安比奈駅までを走る
安比奈線という砂利採取を目的とした貨物線が有ったそうです。

数年前に南大塚駅に所用が有って出かけた時にこの廃線を知りました。

20-02-12-01.jpg

南大塚駅の西側です。
西武新宿線の左側に貨物線の有った空間が有ります。

20-02-12-02.jpg

ここは駅構内なので、綺麗に草が刈られています。

20-02-12-03.jpg

進んでいくと南大塚駅の北口が出てきます。

20-02-12-04.jpg

南大塚駅の東側に来て、安比奈線だった空間が分岐していきます。
現在は枕木置き場として使われています。

20-02-12-05.jpg

新宿線から分岐してすぐの所に踏切跡が有ります。
駅構内には線路は残っていませんが、ここまで来て初めて線路が出てきます。

20-02-12-06.jpg

線路の間がコンクリートで埋められています。

20-02-12-08.jpg

踏切跡を過ぎると少し広い空間が有ります。
現役の時は貨車の入替などを行ったのでしょうか。

20-02-12-09.jpg

住宅地を進んでいくと、国道16号と交差する踏切が現れます。

20-02-12-10.jpg

かつてはここに第一種踏切(遮断機のある踏切)が有ったようです。
今はひっきりなしに車が行き交っていて往年の様子は伺えません。

20-02-12-11.jpg

国道16号を渡った所です。道床が有った分だけ少し歩道が盛り上がっています。

20-02-12-12.jpg

アスファルト舗装の下には線路が残っているはずです。

20-02-12-13.jpg

パーツオフ川越店の裏手です。
再び住宅地の中に入っていきます。

20-02-12-14.jpg

後年になってから道になったように見える所も有ります。
ここは舗装されていなくて線路がむき出しでした。

20-02-12-15.jpg

引き続き住宅地の中を横切っていきます。
線路以外の構造物は残っていないように見えます。

20-02-12-16.jpg

入間川街道と交差している部分です。ここは車の通行量が多いです。
当時は遮断機の無い踏切がほとんどだったようです。
住宅地の裏を抜けるように線路が有るのはこの辺りまでです。

20-02-12-19.jpg

航空写真を見るとまっすぐ入間川に向かっていくのが分かりますが、
だんだんと田畑の中を通るようになり線路の敷地を追うことが難しくなります。

20-02-12-20.jpg

八瀬大橋の近くまで来て、再び線路の跡を見つけました。

20-02-12-21.jpg

ガーダー橋が残っていました。
この先は河原です。まだ探そうと思えば線路が残っているのかもしれません。

私は自転車で来ていたのでここでお終いとしました。

(現在は廃止状態ですが、全て西武鉄道の管理地ですので立ち入りは出来ません。)

ポストカードユナイテッドのはじめ方 3

ポストカードユナイテッドの初期設定の大詰めです。

「Dashboard Home」画面から「Address」をクリックします。

19-11-09-09.jpg

ここで自分の住所を英語で記入します。
日本語の住所を英語に変換するのは少々面倒です。
郵便番号を正しく書けば、県名程度は省略しても良いでしょう。

「330-9301
 埼玉県さいたま市
 浦和区高砂3丁目15−1
 山田 太郎」
 ↓
「Taro Yamada
 3-15-1, Sakasago
 Urawa Ku, Saitama City
 Saitama Ken, 330-9301
 JAPAN」

こんな感じです。

19-11-09-10.jpg

最後に「Avater」をクリックしてアバターの設定をします。
これはプロフィールに表示されるアイコンです。
日本の方はあまりご自身の写真は使わないようですね。

これで最初に行う設定はすべて完了です。お疲れ様でした。

ポストカードユナイテッドのはじめ方 2

前項ではポストカードユナイテッドの登録を行いましたが、
次はプロファイルの記入を行う必要があります。

ポスユナにログインするとDashboard Homeという画面になります。

19-11-09-05.jpg

各機能の一覧は右側に表示されています。
まずは「Profile」ページに移動します。

19-11-09-06.jpg

自分にカードを送ってくれる方に向けての自己紹介を簡単に記入します。
まずは名前からです。

「First Name」
名前です。山田太郎が名前だとすると、”Taro”の部分です。
「Surname」
ファミリーネームです。上記を例にすると、”Yamada”です。
「Other Name」
記入しなくて良いと思います。

「How do you want your Name and User Name displayed on you profile?」
プロフィールに名前とユーザー名をどのように表示するかの選択をします。

「Show My User Name And First Name on my Profile 」ユーザー名/名前の公開。
「Show My User Name Only on my Profile」ユーザー名のみの公開。
「Show My First Name Only on my Profile 」名前のみの公開。
これはポスユナの会員なら誰からでも見ることが出来るので、私はユーザー名のみの表示にしています。

「Spoken languages」
自分が読むことのできる言語を記入します。
基本的にはすべての人が英語を読めることが前提となっています。
English, Japaneseと書いておけば十分です。

19-11-09-07.jpg

「Your Date of Birth」
生年月日を入力します。公開する範囲も選択します。

「Show my full Birth Information to Everyone」生年月日すべて公開。
「Show Month/Day Birth Information To Everyone 」月日のみ公開。
「Do Not Show my Birth Information to Anyone 」すべて非公開。
生まれた月と日くらいは公開してもいいと思います。
バースデーカードが来る可能性が有ります。

「Are you Interested in direct Exchange.」
カードのダイレクト交換を希望する/しないの選択です。
「Yes」にすると、カードを交換しませんか?というメッセージが届く事が有ります。
ユーザー同士の直接交換なので、ポスユナのカードの一覧には乗りません。

「Your Website Here」「Your Facebook URL」「Twitter Url」
「Google + URL」「Pinterest URL」「Flicker URL」
公開したいウェブサイト/SNSが有ればURLを記入しましょう。

「What's your Gender.」
自分の性別について選択します。

「I Prefer not to say.」非公開 「Male」男性
「Femele」女性 「Other」その他
「Group of People」共有アカウントの場合です。

19-11-09-08.jpg

「You currently have No Badge.」
ポスユナのプロジェクトをサポートする場合に任意の額を寄付することが出来ます。
年に7USD以上の寄付をした場合、ここにはバッジが表示されます。

最後に自由記入欄です。2000文字までで好きなことが書けます。
好きな物を書けば、そのカードが届く可能性が出てきます。
相手に何かリクエストをしても良いでしょう。(現地の天気や気温、趣味や職業を教えて等)
「こんなカードは要らないよ!」と一覧を書く人も居ますが、これはあまりお勧めできません。

ポストカードユナイテッドのはじめ方 1

ポストカードの交換を目的とするWebサービスが有ります。
一番の有名どころはPOST CROSSING(通称ポスクロ)です。

ランダムに抽出された会員にポストカードを送ると、自分宛にもランダムな会員からのポストカードが届きます。
基本的に文通とは違う所は、届いたポストカードに対して返事を送ることが無いことです。
とはいえ、受け取ったとき(サイトに登録する時)にメッセージを送ることは出来ます。

一方通行的に自己紹介や時候の挨拶を送る程度なので英語が下手でも何とかなります。
日本からも含めて、全世界からポストカードが届くのって凄く楽しいですよ。

私は3年前にポスクロを始めてかれこれ数百通はポストカードのやり取りを行っているのですが、
今回、POSTCARD UNITED(通称ポスユナ)というサービスを発見したので登録してみました。

19-11-09-01.jpg


登録自体は簡単です。
まずポスユナのトップページを開きます。

19-11-09-02.jpg

「SIGN UP NOW」をクリックして、新規アカウントの作成画面に移ります。

19-11-09-03.jpg

1.お住まいの大体の場所を入力します。
Country: 一覧から国名を選択します。
Region: 一覧から県名を選択します。
City/Place: お住まいの市町村を入力します。(例:Chiyoda-kuやSaitama Cityなど)

2.ユーザー名
User Name:ポスユナのサイト上で使うユーザー名を入力してください。
       本名でなくてもOKです。(なんでもいい)
Email:メールを受け取ることが出来るアドレスを入力してください。
Password:ポスユナで使用するパスワードを入力してください。

最後に「SIGN ME UP」をクリックしてください。
この段階では仮登録の状態となります。

19-11-09-04.jpg

数分後にメールが届くはずです。
メールの中の「Confirm Emai Address」をクリックすると、登録完了です。
プロフィール

suke

Author:suke
ズレている人間です。

ラジオを聴くことが好きです。

遠距離受信をしたり受信報告書を書いたりしています。
各放送局の担当者様、お忙しい中ご返信頂きましてありがとうございます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ