リスナーのしるし

17-11-24-02.jpg

「林原めぐみのTokyoBoogieNight」で
自分の送ったハガキが読まれたのでリスナーのしるしが送られてきました。
ピンク色の靴紐ですが、勿体無くて袋から出せません。

17年ほど聴いていて、これまで何度か投稿したのですが
ハガキを読まれたのは初めてだったのでとても嬉しかったです。
スポンサーサイト

外国から到着した郵便物の税関手続のお知らせ 3

17-11-07-02.jpg

バッジの放棄の手続きをした封書が届きました。
A4より一回り大きい再生紙の封筒です。
質が微妙な薄い紙が使われています。

「PARAVION T.P PYONGYANG」「2017.10.14」「A0」
三種類のスタンプが押されています。

何らかのラベルを貼って、剥がした跡が有ります。
残りの切片には「2017.10.25 14:23:53」と書かれています。
これは日本に到着した日付でしょう。


17-11-07-03.jpg

税関で手続きを行ったのは10月27日なのですが、
どこかで待ちぼうけを食らったようで31日に処理されています。
届いたのは11月1日でした。


17-11-07-04.jpg

中身は新聞が2部と、コリアスタンプ社のパンフレットが入っていました。
「The Pyongyang Times」はタブロイド判のフルカラー8ページです。
毎週土曜日に発行されているようです。5月6日分と8月19日分でした。

外国から到着した郵便物の税関手続のお知らせ 2

通知を受け取った翌日に横浜税関川崎外郵出張所に電話をしました。
郵便物の内容を確認する為には予約が必要になるとの事です。
早速その日の夕方に予約をして、川崎外郵出張所に出向きました。

指定した時間に訪れると小さめの会議室に通されました。
税関の職員2名(1名は見習い風)と、郵便局員1名の立会のもとで
クラフト紙で作られた封筒の中身が取り出されました。

問題のバッジが1個とPyongyangTimes2部、
コリアスタンプ社の小さい2つ折りのパンフレットが出てきました。
ベリカードも同封されているのかと思いきや、内容物はそれだけでした。

バッジは北朝鮮の国旗のデザインかな?と思っていたのですが
実際は朝鮮の声放送のロゴマークのバッジでした。
これ、貰ったとしてもどう活用すれば良いのでしょうか。

予測通りでしたが写真撮影は許可されませんでした…。

これを放棄する旨の書類に署名して、
約10分程で内容点検は終了となりました。

残りの物品はその場で受け取ることは出来ず、
夕方だったので翌営業日に発送の手続きをしてもらえるそうです。

17-10-30-01.jpg

ベリカードは別便で届きました。
薄手の封筒に手紙1枚とベリカード、コリアスタンプ社のパンフレットが入っていました。

重量が嵩む新聞だけを印刷物として送ることで郵便料金を節約しているのだと思われます。

外国から到着した郵便物の税関手続のお知らせ 1

17-10-26-01.jpg

横浜税関川崎外郵出張所から簡易書留が送られてきました。

この様な通知が来る心当たりは有ります。
朝鮮の声放送に受信報告書を送ったからですね。

郵便物の内容について確認したいことが有る為、
経産省の貿易経済協力局貿易管理課に連絡せよという通知でした。

早速貿易管理課に電話を掛けた所
郵便物に日付の違う新聞が2部と切手のカタログとバッジが入っているとの事。

北朝鮮への経済制裁の影響でバッジは輸入出来ないそうです。
ただ、冊子類は1部まで通関出来るとの事です。(同じ日付の新聞が2部とかは無理ということですね)

そしてこちらからは全てを放棄する手続きか、禁制品だけ放棄する手続きが選べるという話でした。

今まで何度か受信報告を送ってきた中で初めて返事が来た所です。
これを全て廃棄するなんて勿体無い! なので、バッジだけを放棄する事を選ぼうと思います。

後、この通知の裏にはこのような記載があります。
「郵便物の内容を点検できる時間は、午前9:00~12:00、午後1:00~5:00 (土曜日は9:00~12:00)です。」
受け取れないまでも、どんな物が届いているのか直接見れるんでしょうか?
税関に電話して確認してみようと思います。

肥後守

17-07-21-01.jpg

近所のホームセンターで安く売っている肥後守です。

左の物は最近はあまり使わないまま引き出しにしまい込んでいました。
よく見たら刃が少し錆びていて、潰れている所も有ったので研ぎました。
白い発泡スチロールのトレーなんかもサクサク切れる様になっていい具合です。
刻印に赤ペンキを流し込んでオリジナル(?)仕様にしてみました。

右の物は新しく買ってきたのですが、
買ったままの肥後守ってこんなに切れないの?って程に切れません。
これも研ぎ直せば少しはマトモになるんでしょうか。よく研げば産毛も剃れるらしいのですが…。

ビーフィーター梅酒

17-03-23-01.jpg

以前漬けたものが割りとよく出来ていた(ように思った)ので、
ビンに移し替えたのを期にレシピを残しておく事にしました。

時期になるとどこのスーパーでも売っている普通の青梅だったと思います。
画像の通り、何故か梅の実はシワシワにならずに丸いままでした。

全体の量に対して梅が多めだったのが良かったのか、
漬けてからの期間が長かった(約二年半)から熟成されたのかは分かりません。

作り方は一般的な梅酒の作り方に準じます。

・梅 500g
・氷砂糖 350g
・ビーフィータージン 700ml

はじめに

ここには、かつてGeocitiesにて記していた日記などの続きを記していこうかと思います。

FrontPageExpressとFFFTPで作っていた頃と比べると、
ブログは簡単に書けるようですが久しくこの手の事を行っていなかったので
とりあえずはリハビリといったところでしょうか?

DSC_0018.jpg
先週ズーラシアの売店にて購入したフィギュアです。

動物園の売店で色々な動物のフィギュアが売っているのを見ますが、
リアルなカピバラは初めて見たように感じます。
COLLECTA社という会社が製造しているようです。
プロフィール

suke

Author:suke
ズレている人間です。

ラジオを聴くことが好きです。

遠距離受信をしたり受信報告書を書いたりしています。
各放送局の担当者様、お忙しい中ご返信頂きましてありがとうございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる